喜多屋醸造店

こだわりの信州味噌を通販でお届け。代々受け継がれる伝統の製法で、自慢の無添加味噌をお届け致します。

社是・社訓

トップページ > 社是・社訓

喜多屋醸造店の社是・社訓

  • 誠意ある食品造りを通じて社会に貢献する
  • 弊社の想い
  • 昭和初期 酒類販売を始めた頃

    味噌造りに携って約40年になろうとしていますが、味噌の中で盛んに生育し様々な香味を醸し出す酵母菌などの微生物の働きには今でも驚かされます。
    大豆、米、食塩という三つの原材料の組み合わせだけで作られるのに実に多様な味わいが生まれます。
    自分で作っても全く同じ香味の味噌を造るのは至難の業に近いのです。糀菌や酵母菌、乳酸菌が発酵の過程で複雑にからみあい、例えば温度が1℃違う、原料の水分が1%違うなどほんの少しの条件の違いで菌の繁殖や生産酵素や香り成分のバランスなどが微妙に変わるためです。 

  • 昭和28年頃 喜多屋記念写真

    誰でも味噌は作れます。
    しかし本当に旨い味噌を安定して作るのは難しい、
    だからこそ楽しいのです。

    ほんの少し前、団塊の世代が御幼少の頃までは各家庭で味噌造りをする事は珍しい事ではありませんでした。
    親戚や近所で集まって糀を買ってきて、大豆を煮て、塩を入れて、皆で味噌を仕込むのは年に一度の楽しい年中行事でした。
    代々家庭に伝わる味噌造りは手前みそという言葉がある様に、例えとても個性的な味わいの味噌でも馴染んだ者にとっては最高のごちそうであり故郷の記憶でした。
    そこには家庭のぬくもりがありました。

発酵食品の深い味わいは生産性重視の合理的な製法では絶対に生み出せないものがあります。
大豆や米など農業生産物が農家の手で作られる時から味噌が発酵熟成されるまで、幾億を超える膨大な数の微生物が土壌や味噌の中で働く事で一つの製品にたどりつくのです。そこには先人の英知の結晶である伝統技術が生かされています。

人の手のぬくもりが伝わる、安心安全で香り高い味噌をよりお求め易い価格でお届けしたい。

その一念で大豆や米そして微生物と対話しながら、時には喧嘩しながら蔵に籠り半生を頑張ってまいりました。そして多くの人に評価され愛される味噌が出来るようになってきました。

安心安全な原料から作られ、しっかり発酵、熟成した味噌をはじめとする発酵食品は日本人の身体を支えてきました。しかし時代は変わり食生活も多様化してきています。
いくら一汁一菜の和の食卓が日本人にとって健康的である事を語っても、洋食やファストフードなどへのシフトは止められないでしょう。米の消費の減少に比例して味噌の消費量も確実に減少しています。
伝統の技の継承だけでは守れない食の現実があります。
どうしたら日本人の身体に必要な生きた発酵食品を洋風化しつつある日本人の食の中に取り入れて行く事が出来るか。それが私の新たなるテーマとなりました。

そこには常識を超えた革新が必要になります。
「伝統と革新による食からの健康造り」 それが私たちのライフワークです。

name

会社歴

元号 内容
昭和7年 酒販業を生業としていた、初代 佐々木新七が酒販業の醸造部として、製糸業の従業員給食用味噌醤油製造施設を購入し創業
昭和26年 有限会社 喜多屋醸造店として改組
昭和26年 長野県 味噌醤油品評会にて食糧庁長官賞受賞
以後優秀賞、知事賞等連続受賞
昭和42年 味噌漬けの床 諸味味噌発売
昭和56年 浅漬の素 うまいずら発売 ヒット商品となる
昭和62年 全国味噌鑑評会にて食糧庁長官賞(全国第2位)受賞
昭和62年 受賞した味噌を「雪娘」として発売 好評を博す
平成6年 全国味噌鑑評会にて雪娘 赤 食糧庁長官賞 受賞
平成10年 高級醤油として有機丸大豆使用 手造り田舎しょうゆ発売
平成10年 全国味噌鑑評会にて雪娘 赤 食糧庁長官賞 受賞
平成13年 手造り田舎醤油が講談社出版の本「我が家の食卓がガラリと変わる食べ物発見ガイド」に日本最高の食材として紹介される
平成15年4月 人気番組「どっちの料理ショ-」にて弊社の味噌、「雪娘」が特選素材として使用される
平成16年11月 全国味噌鑑評会にて雪娘 白 全国味噌工業連合会会長賞(糀みそ部門第2位)受賞
平成17年11月 長野県味噌醤油品評会にて味噌醤油共に知事賞 受賞
平成18年10月 長野県味噌品評会にて 淡色粒みそ部門で第1位 知事賞優秀賞受賞
平成18年11月 全国味噌鑑評会にて雪娘 白 全国味噌工業連合会会長賞(糀みそ部門第2位)受賞
平成19年9月 第37回長野県市販醤油研究会 弊社出品醤油が品質コンクール部門第1位受賞
平成19年10月 長野県味噌品評会にて 淡色無添加部門で第1位 知事賞優秀賞受賞
平成20年8月 品評会の成果を活かして国産原料無添加手造り味噌発売
平成21年7月 たまごかけごはん専用みそたれ 「たまランチ みそ味」発売
平成22年10月 長野県市販しょうゆ品質コンクールうすくち部門にて4年連続第1位受賞
平成23年10月 長野県味噌品評会にて 無添加淡色みそ部門で第1位 知事賞優秀賞受賞
平成23年11月 全国味噌鑑評会にて 雪娘 全国味噌工業連合会会長賞(糀みそ部門第2位)受賞
平成24年3月 NHK「キッチンが走る!」で全国に紹介される
平成26年8月 「うどちゃんの旅してゴメン」で紹介される
平成27年5月 「味噌造り体験館」オープン
平成27年 AI-NO-MISO 健康納豆味噌32 発売 マスコミに大きく取り上げられる
平成28年8月 たまごの代わりに味噌を使用した無添加マヨネーズ風みそ系ドレッシング「マヨジャネーズら」発売